シンガポール・Kim Kiat Roadのこげパン屋

バレスティアロードから少し横道(10 Kim Kiat Road)
に入ってすぐのところにある
こげパン屋さんの新豊隆ベーカリーショップ。
e0099753_21225732.jpg

毎日千もの食パンを焼いているそうです。

真っ黒こげ。体に悪そう。
e0099753_2124280.jpg

でも心配するなかれ、こげた部分は切り落とされます。
e0099753_21243842.jpg

そしてケースに入れられ、各コーヒーショップに卸されます。
カヤトーストになるのかなあ???
e0099753_21252721.jpg


観光局のガイドブックには普通に爽やかな兄さんが
ちゃんと衣類を身につけ、こげパンを抱え微笑んでいました。

・・・・・・が。
行けばいつも、この道50年系のオヤジさんが3人、黙々と働いています。
しかも現実にはこの店のユニフォームはいつ行っても裸でございます。
あのお兄さんは客寄せ??

しかし巨大なオーブンを前にして熱い(暑い)男たちが、汗を流し
働く姿は美しいのだ。(多分)
e0099753_21421367.jpg

このオーブン、デカすぎの上、真っ黒です。
買い換えないポリシーだそうです。
このオーブンでないとウマイパンが焼けないのだそうです。

ちなみに店頭では、コッペのアンパン、砂糖パン、
それにカヤにココナッツの変り種、フランスパンがポリエチレンの袋に
入った状態で投売りされています。
しかもおじさん、サービスいいよ!(接客時もハダカですが)

非常になつかしく素朴な味。
リピーターになってしまいそうですね。
是非、いつかそろいのTシャツをプレゼントしたいものです。
by chainesetea | 2007-03-21 21:45

住んでいたシンガポールのこと、今住む日本のこと、旅行の思い出


by Amerling
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31