ラファエル前派展

e0099753_23322988.jpg


森アーツセンターで同時開催されていたのが
こちら、ラファエル前派展。
ラファエル前派はアーツ&クラフトとともに学生時代にはまりました。

細密で明るく平面的にも見える表現に釘付になりました。
幼いころから印象派が好きだったこともあり
時代的には印象派の直前なのに
全然違う画風と言うところにも惹かれたのかもしれません。
「ラファエル以前」ということで
当時のイギリス美術の模範である「ラファエロ」を否定し
より自然に、自由にと回帰を目指した動きだったようです。

「ラファエロ以前兄弟団」とも訳すこともあるそうで、
「フリーメイソン」やら「ダヴィンチコード」を思い出しちゃうような
怪しげなネーミングにも惹かれますね。

特に好きだったのがこのミレイのオフィーリアです。
少しホラー入っているこの絵画は写実的でありながら
実際には自然界にはない「色」が使われており
非常事態、緊張感・・を感じられるような作風になっているそうです。

・・・と確か学生のころに学んだような・・。

この絵、来日するたびに見ているような気がします。
今回が3回目かな?4回目?
ミレイは早々に派を離れて、アカデミーの方へ行ってしまったそうですが・・。

e0099753_23442820.jpg



ラファエル前派と言えばこの女性。
複数の画家の作品に登場します。
なんだか口が特徴的で私的にはちょっと苦手な顔なんですが・・・
こちらはロセッティの作品。

非常にモテた人のようですね。

アーティストにありがちですが、多くの画家に愛された女性のようです。
微妙に乱れています。

いけませんね。

何の感想だかわからなくなりました。
テキトーな感想になりましたが、
忘備録的に(展覧会へ行った記録として)
ブログに残してみました。
by chainesetea | 2014-08-08 23:49 | 展覧会 ライブ

住んでいたシンガポールのこと、今住む日本のこと、旅行の思い出


by Amerling
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31